ロングテール対策について

インターネットでネットショップなどを運営している方は、ロングテール対策という言葉を聞いたことがありませんか
商品の売上に関わるIT用語ですから、無視するわけにはいかないでしょう。

ネットショップには限りませんが、お店には売れ筋のヒット商品が何かしらあるはずです。

他の商品の売上が少しでも、売れ筋の商品があるおかげでお店の収益にバランスがとれているのです。

一方で、お店をやっていると、売上が少ない割には長年ぼちぼち売れ続けている商品があることもわかってきます。

爆発的には売れないものの、決して無視できない売上を出している商品です。

そのような、長く売れ続けている商品をロングテールと呼んでいます。

「長いしっぽ」を意味するロングテールは、売上グラフでしっぽが長く伸びている姿を表すので、その名で呼ばれています。

販売個数が少なくても、売上が全くないわけではないことがわかります。

マーケティングでは、ロングテール商品の売上対策に目を向けています。

大ヒットしている商品が売上の上位20%を占めているとすると、ロングテール商品の売上は残りの80%だといわれています。

これを「20対80の法則」といって、研究が進められているのです。

全体の80%の売上を上げる対策がとれれば、もっと効率よく売上を伸ばせるというわけですね。