ロングテール対策と関連キーワード

ショッピングサイトなどでは、一人でも多くのユーザーがサイトを見てくれないと始まらないと考えられています。
商品が販売されていることを知ってもらえなければ、意味がないというわけです。
多くの人がサイトを見てくれれば、その中から何割かの人が購買をしてくれる可能性も出てきます。
その割合を増やすには、アクセス数を伸ばすことが最優先課題だと考えられてきました。
しかし、最近のマーケティングの研究では、必ずしもアクセス数が多いことが購買につながっているわけではないとわかってきたそうです。
ロングテール対策では、アクセス数は少なくとも確実に購買してくれる人を呼び込む工夫をします。
やたらと集客するのでなく、本気で商品を買いたいという意欲のある人を集客することが大事にされているのです。
確かに、そのほうが広告費も少なく済み、費用対効果が高そうです。
ロングテール対策では、スモールキーワードを複数使って集客を試みます。
ビッグキーワードは使いませんが、ビッグキーワードに関連したキーワードを用いるのです。
具体的には、インテリアに関する商品を販売しているなら、「家具」というビッグキーワードに関連するキーワードを選びます。
「ソファ」「ベッド」「ライフスタイル」「休日の過ごし方」などが、ミドルからスモールに値するキーワードといえるのではないでしょうか。
ロングテール対策と関連キーワード

ロングテールSEOで稼げるキーワード関連記事