ロングテールSEOで守るべき事

検索ワードに頼った従来のSEOでは、最早十分なSEO対策であるとはいえません。
現在主流となっているのはロングテールSEOですが、従来の検索ワードに頼ったSEOとは真逆のSEOとなりますので、従来のSEOを行っていた方には理解出来ない事もあるかもしれません。
効果的なロングテールSEOですが、ロングテールSEOにも押さえておかなければいけない点があります。
約束事とでも言うべき事ですが、そこを抑えておかなければ、いくら理に適っていても、効果を得ることができません。
ロングテールSEOにおいて抑える点は、サイト内において常に誠実であることになります。
検索ワードを敷き詰めたところでワードと内容が支離滅裂なサイトでは何の効果もありません。
特にロングテールの場合は、リピーターや質の高いユーザー、つまり転換率の高いユーザーを生み出すことが前提となっていますので、無闇にキーワードを並べただけ、あるいは内容が全くないといったサイトではリピーターを獲得する事は難しいでしょう。
誠実であると一言に言うのは簡単ですが、実践するとなると中々難しいものです。
盗作、引用および転載のルールなどを無視している場合は完全にアウトになります。
閲覧者によって無断転載や盗用が看破されれば、場合によってはサイトの存続自体困難なものになります。
ネット社会では「祭り」「炎上」と言う言葉で表現されますが、「炎上」したサイトの殆どはことごとく閉鎖となっています。
それほどネット社会は盗用や無断転載に厳しいものとなりますので、十分気をつけなければいけません。

ロングテールSEOで稼げるキーワード関連記事